エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサト

本気でエロいので電車では読まないでください白い目で見られるほどエロいのでご注意を

 

「シンジ」
アスカ駄目だよそんなに強く吸っちゃもう出る・・・つ
アスカ びゅびゅびゅー

 

「アスカ」 

 

もう馬鹿シンジ あんた出すの早すぎる

 

「シンジ」

 

ごめん

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「アスカ」 
ったく顔にかかっちゃったじゃない

 

「シンジ」
ねえアスカ あのさ そろそろ アスカの膣内に入れたいんだけどとお願いする

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「アスカ」 
いやよ!だって、この前した時すごく痛かったのに

 

「シンジ」
それはその
あれから結構達志もうそろそろ平気なんじゃないかな?多分

 

アスカがそうしても嫌ならあきらめるけど

 

「アスカ」 
わかったわよ!

 

痛かったらすぐに抜いてよねといいパンツをすりおろされる!

 

「シンジ」

 

じゃあ入れるよといい立ちバック体制からアスカのまんこにぶち込む

 

「アスカ」

 

うん ふあああと喘ぎ声を出す

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「シンジ」

 

アスカのまんこすごく熱くて気持ちいいよ!
どうアスカは気持ちいい?

 

「アスカ」
知らなわいわよそんな事といいならがら あ、あ、 だめぇまだ動いちゃいやああああと喘ぎまくる。

 

「シンジ」
じゃあ気持ち良くなるまでいっぱいついてあげるよといい激しく腰を振る。

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「ミサト」
あらあ気持ちよさそうね〜二人ともといいミサトがやってくる

 

「シンジ」
ミサトさん・・・

 

「ミサト」
隣の部屋でアンアンされてたらそりゃ誰だって起きるわよ。

 

「アスカ」
どうして!? これはその

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「アスカ」
セックス以外の何かで・・・

 

「ミサト」
どうみてもセックスよ
私のことは気にしなくていいわよーん
アスカのよがり狂う姿 じっくりみててあげるから・・・

 

「アスカ」
う〜〜といいながらも腰を振るアスカ

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「シンジ」 
もう我慢できないアスカ動くよ!

 

「アスカ」
ちょっと待ってシンジ
というがシンジは腰を振りまくりズズズっズブとちんぽをまんこに付きまくる。
ああん あん ああと喘ぎまくるアスカ

 

もうバカシンジ少しは手加減しなさいよ

 

しかもミサトに見られながらなんて恥ずかしくて恥ずかしくて死んじゃいそう。

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

「アスカ」
あんあん やだあ だめ いくいっちゃう〜〜

 

「ミサト」
アスカ私に見られながらそれだけイケるなんてホント変態ね

 

「アスカ」
ちがうわよ 嘘私人に見られて興奮しているの?

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ

 

アスカのまんこのなかでシンジのおちんちんから精液がびゅびゅびゅとでまくと

 

「シンジ」 
ごめんアスカ中にいっぱい出しちゃった

 

「ミサト」
ちょっとシンちゃん借りるわよん

 

アスカはダメと叫んで終了です!
短編だけどいかがでしたか自分的にはこういうの結構好き簡潔で分かりやすいけどエロ差にストーリーも十分にわかるのがいい。

 

エヴァエロ漫画 アスカとシンジとミサトのエッチ